日本語 English

文字サイズ

サイトマップ
初めての方へ 無料相談・お問い合わせ 029-828-5591 日曜・祝日を除き 9:00-17:30

がん組織の確保

手術で摘出したがん組織が、病院内でどのように扱われているかご存知ですか?

自分のがん組織は自分で保存を/取得困難と思える場合は先生に相談を

がんの手術後は、どの病院でも必ず摘出がん組織をホルマリン漬けにして、病理検査を行い ます。しかし、病院まかせにしておくと、ごくごく微量を病理診断用に使われるだけで、残りの貴重ながん組織は、大学病院では研究のために使われてしまう、 民間病院では(あるいはそこから臨床検査会社に廻されると)捨てられてしまう、ということが頻繁におこります。

“がん”であったとは言え、自分の身体の一部です。遠慮なく返還を請求しましょう(大学病院の病理学の教授も、がん組織は患者さまのものだと言ってます)。
患者様は、手術で摘出したご自分のがん組織を、けっして捨てさせないように病院に依頼して下さい。ガンが再発したり転移したとき、がん細胞を殺せる強力な武器になります。ご自分のがん組織にだけ、ご自分だけに特有のがん抗原があるからです。

「自家がんワクチン療法」を希望される方は、ご自分の摘出がん組織が必要になりますので、必ず保存願います。また、「自家がんワクチン療法」を希望されない方でも、摘出がん組織を保存しておくことを強くお勧めします。

ハイスピードで発展しつつある現在の医療技術から推定しますと、近い将来、必ずや超微量でも、どんな種類の“がん抗原”があるかがわかる時代がきます。その検出に役に立つと思われるからです。 もし、患者様ご自身で、手術を受けた病院に依頼するのは難しいと感じられる場合は、左側のカラムの受診できる病院ボ タンをクリックして、お近くの受診できる病院に医療相談に出かけ、患者様に代わって元の病院に組織返却の依頼状を書いて下さるよう、お願いしてみてくださ い。例えば、東京・銀座並木通りクリニック(TEL:03-3562-7773)では、来院された患者様のために、医療相談(有料)内で、院長自ら元の主 治医に依頼状を出す等のサービスをしています。ドクターからドクターへの依頼は成功しやすいとのことです。

手術前なら、術前から主治医に伝えておき、術後すぐに ホルマリン漬けの状態の自分のがん組織を、できる限り多く、病院から取り戻し、ご家庭の冷蔵庫で保存しておきましょう。

保存方法は簡単です。ホルマリン漬け組織のままなら、匂いが漏れないように厳重に密栓してご家庭の冷蔵庫にて(1日程度の短時間なら室温でも問題ありません)、パラフィン包埋ブロックなら適当な小箱にいれてご家庭の室温・暗所にて、どちらも何年でも問題なく保存できます。

手術後で、もし、ホルマリン漬け組織が、パラフィン包埋ブロックにまで処 理を進められてしまっていても、あきらめずにパラフィン包埋ブロックを返してもらいましょう。 パラフィン包埋ブロックが、できれば3~4ヶ以上あれば、そこからがん組織を掘り出せば「自家がんワクチン」が作成できます。

がん組織は、「がん」部位のみを集めて 1.5グラム以上、できる限り多く、できれば2グラム以上(1.5cmx1cmx1cm以上の塊か、500円玉の面積と厚さ2mmで2枚分以上か、大人の小指の1/3以上の大きさ、パラフィン包埋ブロックなら、できれば3~4ヶ以上)が必要です。

1回目の手術後に再発したがんを再手術した場合、2回目の手術で摘出したがん組織量が 2グラム以上あれば、そちらを優先的に使いますが、もし不足する場合、1回目の手術で摘出したがん組織を追加して2グラム以上にまとめ、使うことができま す。がん細胞は再発したときでも初回手術時のがん抗原を発現し続けていることが多いからです。

患者様が病院から摘出したがん組織の返却を受けるとき、主治医に摘出した組織全体のどの部分が「がん」か、正常組織との境界線はどこか、簡単な線画(図)を描いてもらってください。間違いやすいため、指定された「がん」部位のみを自家がんワクチンのために使用しますので。

がん組織を確保するための書式例

通常は、患者様から主治医(または、病理担当の方)に口頭で依頼すれば済むことなのですが、手術で取りだした患者様の組織を保存しているにもかかわらず、患者様自身にも返せないと頑なに主張する病院があります。「がん」とはいえども、もともと患者様の身体の一部だったものです。堂々と、「自分の身体の一部だったものですから、自分に返却してください」と、手術を受けた病院の主治医にお願いして下さい。

日本病理学会・倫理委員会の見解では、 【1.「病理臓器」は病理診断が確定した後に検体由来者や家族などから返却要請があった場合、正当な理由があれば、返却することがありうる。 】としています。また、病理診断に用いられた「病理標本」(パラフィン包埋ブロック)であっても、【2. 検体由来者や家族などの返却要請があったとしても、必ずしも返却の義務は負わない。】と書いてありますが、これは「事情によっては返却します」ということであって、患者様からの返却申し込みの仕方次第で決まります。

そこで、もし口頭で依頼してもだめな場合、患者様から院長あてに手紙形式の文書を出せば、正当な理由としての証拠が病院側に残るため、ほとんどの場合、配慮してもらうことができます。

手紙形式の例文・ひな形を用意しておりますので、ご利用ください。国立がん研究センター(東京・築地・中央病院、千葉・柏・東病院)でも、各大学病院でも、患者様からこの手紙を主治医に提出することによって、病理標本(パラフィン包埋ブロック)のがん組織をも「がん治療のためなら」と患者様に返却していただいた実績が多数あります。

それでも“絶対に返さない”ような頑なな態度をとる病院に対しては、患者様の身近の弁護士にご相談下さい。解剖臓器プレパラート保存使用貸借契約取消請求事件-医師側敗訴、の判例(東京地裁 平成12年11月24日判決 (判例時報1738号80頁))がありますので、患者様側としては、自信をもって、病院側と交渉してください。

繰り返しますが、がんといえども、もともと患者様の身体の一部であったものです。主治医の先生が真の医療者であるなら、必ず患者様の希望に寄り添ってくれるはずです。

主治医の先生向けに、もっと詳しい“自家がんワクチンの案内書”もご用意しました。専門的な内容です。主治医の先生に詳しく説明する代わりに、プリントアウトしてご持参ください。

手紙形式の例文・ひな型 (pdfファイル)手紙形式の例文・ひな型 (wordファイル)

主治医向け資料 (簡易版)主治医向け資料 (詳細版)